事業(ビジネス)アイデア発想法|ゴードン法


ゴードン法とは

ゴートン法は、ブレーンストーミング法を応用した発想法ですが、ブレーンストーミングのようにテーマをメンバーに提示するのではなく、テーマはリーダーだけが知っていて、メンバーには明かさず、幅の広い抽象的なテーマでブレストしていく方法です。

これは、メンバーに固定観念を与えず、普通なかなか出てこないような発想を促し、新しいアイデア出しやすくする為です。

ゴードン法は、参加するメンバーによっては、その効果を大きく左右されます。その為、リーダーは討議の進行役と同時に、メンバーから出た論点を真の課題に結びつける必要があります。

ゴードン法は、特に新製品の開発、それもこれまでとはまったく異なった発想・方式の製品を開発するときに、著しい効果を発揮すると考えられています。

 

ゴードン法の進め方

ゴードン法は、2セットに分けて行います。1セット目は抽象的なテーマでブレストし、2セット目で本来のテーマでブレストします。

この時、1セット目で出たネタも使いブレストを行うことで、面白いアイデアが出てきます。

①、リーダーを決め、リーダーが真の課題やテーマを設定。
②、リーダーはテーマについて抽象化し、他のメンバーのブレストのテーマを決める。
③、②で決定した抽象化したテーマをもとにブレストで発想する
④、③でブレストを行った後、リーダーは改めて①で決めたテーマをメンバーに伝える
⑤、③で出たアイデアと①のテーマをもとにして再度全員でアイデアを練る

 

 

 

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください