イノベーション成功の条件


[ イノベーション目次 ]
イノベーションの意味
イノベーション7つの機会
■ イノベーション成功の条件
・イノベーションを成功させる三つの条件

 

イノベーションが成功すると、今までとは異なる新たな価値を生み出し、社会にも大きな変化を起こすことができる。だがイノベーションは今見ている世界からは生まれない。ビジネスを単なる「事業=製品・サービス」としてとらえている限り、革新的なものは生まれてこない。

現代というイノベーションの時代において、イノベーションのできない組織は、たとえ今確立された地位を誇っていても、やがて衰退し消滅すべく運命づけられる。

イノベーションは製品に焦点を合わせてはならない。市場、即ち、顧客のニーズから出発することである。明日の科学、知識、技術の姿を明確にし、発明発見のための体系的な活動を組織する上で、もっとも直載な道となる。

ノベーションの体系とは、変化に関る方法論、企業家的な機会を提供してくれる典型的な変化を体系的に調べるための方法である。目的意識をもち、体系を基礎として、かつそれを完全に身につけて、初めてイノベーションは成功する。

 

 

 

 

イノベーションを成功させる三つの条件

イノベーションは、どこまでリスクを明らかにし小さくできるかによって、成功の度合いが決まる。どこまでイノベーションの機会を体系的に分析し、的を絞り、利用したかによって決まる。

成功するイノベーションは、予期せぬ成功と失敗、ニーズの存在に基づくものなど、リスクの限られたイノベーションである。あるいは、新知識の獲得によるイノベーションのように、たとえリスクが大きくとも、その大きさを明らかにすることのできるイノベーションである。

イノベーションに成功する者は保守的である。彼らはリスク志向ではない。機会思考である。イノベーションにはリスクが伴う。だが昨日を守ること、すなわちイノベーションを行わないことのほうが、明日をつくることよりも大きなリスクを伴う。

 

集中する

イノベーションを行うには知識が必要である。創造性を必要とすることも多い。事実、イノベーションを行う人たちの中には卓越した能力をもつ人たちがいる。だが、彼らが同時に異なる分野でイノベーションを行うことはほとんどない。

イノベーションとはあくまでも意識的かつ集中的な仕事である。勤勉さと持続性、それに献身を必要とする。これらがなければいかなる知識も創造性も才能も無駄となる。

・イノベーションは集中でなければならない。
・イノベーションを行うには知識が必要である。創造性を必要とすることも多い。
・イノベーションとはあくまでも意識的かつ集中的な仕事である。
・勤勉さと持続性、それに献身を必要とする

 

強みを基盤とする

イノベーションに成功する者はあらゆる機会を検討する。自分たちに最も適した機会はどれか、自分たちの組織に適した機会はどれか自分たちが得意として実績のある能力を生かしてくれる機会はどれかを考える。

イノベーションほど、自らの強みを基盤とすることが重要なものはない。イノベーションにおいては、知識と能力の果たす役割が大きくしかもリスクを伴うからである。

・イノベーションに成功する者はあらゆる機会を検討する
・自分たちに最も適した機会はどれか、自分たちの組織に適した機会はどれか自分たちが得意として実績のある能力を生かしてくれる機会はどれかを考える。
・イノベーションほど、自らの強みを基盤とすることが重要なものはない。イノベーションにおいては、知識と能力の果たす役割が大きくしかもリスクを伴う。
・イノベーションの機会は、イノベーションを行おうとする者と体質が合っていなければならない。重要であって意味がなければならない。

 

経済や社会を変える

イノベーションはつまるところ経済や社会を変えなければならない。それは消費者などの行動に変化をもたらさなければならない。プロセス、すなわち働き方や生産の仕方に変化をもたらさなければならない。イノベーションは、市場にあって、市場に集中し、市場を震源としなければならない。

・イノベーションはつまるところ経済や社会を変えなければならない
・消費者などの行動に変化をもたらさなければならない。プロセス、すなわち働き方や生産の仕方に変化をもたらさなければならない
・イノベーションは、市場にあって、市場に集中し、市場を震源としなければならない。