マーケティング ― マーケティングミックス(4P) ―


 

[ マーケティング目次 ]
マーケティング
マーケティング ― 環境分析(SWOT分析) ―
マーケティング ― ターゲットマーケティング(STP) ―
■ マーケティング ― マーケティングミックス ―
 ・マーケティングミックスとポジショニングで相乗効果
 ・マーケティングミックス(4P)の手順と注意点のまとめ
マーケティング ― マーケティング戦略 ―

 

マーケティングミックス(4P)はマーケティング戦略の一部で、標的市場に対し企業がマーケティング目標達成のために、コントロールできる[ 製品(Product)・価格(Price)・流通(Place)・プロモーション(Promotion) ]を組合わせ、ターゲットに働きかける具体的施策を考えるためのツールである。

マーケティングミックスを行うに当たり、ターゲットマーケティングで、狙うべきポジションを明確にすることが必要である。

狙うべきポジションが明らかになったら、ポジションを確立するためにマーケティングミックスを策定するのだが、ここで重要なのがマーケティングミックスをいかに効率よく達成させていくかである。

 

マーケティングミックスとポジショニングで相乗効果

マーケティングミックスを効率よく達成する為にも、マーケティングミックス間での整合性が重要である。整合性がないとマーケティング施策も効果が薄れてしまうことになるので、マーケティングミックスの各要素の間の矛盾を見つけ出し修正をする。

因みに、4P(製品・価格・流通・プロモーション)は、それぞれが独立したものではなく密接に関わっているので、4Pに整合性がないとマーケティングミックスはうまく機能しなくなる。

ターゲットマーケティングで得られたポジショニングとの関係も重要で、マーケティングミックスによってポジショニングをうまく演出できているか?市場の競合の特色をうまく打ち消しているか?を見てみる。

マーケティングミックスとポジショニングでうまく相乗効果を見いだすことができると、力強いバリュープロポジションが完成する。

 

 

 

 

マーケティングミックス(4P)の手順と注意点のまとめ

マーケティングミックス(4P)の各要素の要点及び手順と注意点を下記にまとめてみたので参考にして頂きたい。

 

マーケティングミックスの各要素の要点

・製品(Product)
商品・サービスが提供する本質的な価値、その商品に付随している補助的な無償サービスなど。
・価格(Price)
商品/サービスのコスト、市場浸透価格(ペネトレーションプライシング)、PLU(製品ライフサイクル)からみた価格戦略など。
・流通(Place)
実店舗かネットショップか、自社が直接販売しているか、代理店経由か、流通チャネルの長さと幅。
・プロモーション(Promotion)
プル戦略とプッシュ戦略、広告と広報、狭義での販促、AIDMAやAISASなど。

 

マーケティングミックス手順

1、ターゲットマーケティング(STP)分析でポジショニングを明確にする
2、マーケティングミックスの各要素(4P)について書き出す
3、マーケティングミックスの要素(4P)の関係における矛盾を探す
4、マーケティングミックスの各要素のバランスをチェック
5、マーケティングミックス要素間の相乗効果を考える
6、マーケティングミックスとポジショニングの関係を見直す

 

マーケティングミックスの注意点

・事前にターゲットマーケティングで、セグメンテーション・ターゲティング・ポジショニングを決めておくこと。
・マーケティングミックスのそれぞれの項目に、矛盾が生まれないようにすること。
・ターゲットマーケティング(STP)で定めた内容と、マーケティングミックスとの整合性をとること。