成果をあげる人とあげない人の差


成果をあげる人とあげない人の差は才能ではない。
いくつかの習慣的な姿勢と基礎的な方法を
身に付けているかどうかの問題である。

 

全ての仕事には原理があります。

成果をあげる人の共通点は、仕事の原理を見極め、目的に向かって、それに適した道具を、適格な方法で使いこなしています。

 

[仕事の原理]

何故、組織は動くのか。何故、人は動くのかといった原理。

[目的を知る]

目的を知らなければ、いくら方法を極めたところで、目標とする地点にたどり着くことはできない。

[適した道具]

成果を上げる為に必要な知識。

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください